【無痛麻酔】4つの特長

無痛麻酔とは『病院にいらしてから手術が終了するまで、全く痛みを感じずに手術を終える麻酔』のことです。
手術をする際、手術前の不安を取り除くため、抗不安剤を筋肉に注射をしたり、点滴を血管に刺したりしますが、このような針を刺す痛みもすべて除いたものが、完全無痛麻酔による手術です。

安全性が世界的に確立された薬剤・方法です

当院の無痛麻酔は小児科手術の麻酔法をヒントに研究し、大人の外科手術まで対応できる様に開発をすすめたものです。用いられる薬は数種類あり手術や状況によって使い分けをしますが、全ての薬剤や使用方法の安全性は確立されており、日本のみならず全世界で使用されているものです。

安全な手術のために飲み薬で有害なアレルギー反応をおさえ不安をとることから始めます

人は不安が強いと、眠っている間に様々なアレルギー反応を起こします。
例えば、静脈麻酔を使用したとします。針やメスなどで痛みが加わりますと、血液中の白血球からロイコトリコン・インターロイキンなどの化学物質が放出されます。
これらの物質は、生体内では有害作用としてくしゃみ、鼻水を引き起こします。その様な状態では安全に手術ができません。
それを防ぐために、飲み薬でその様な反応が起きないようにし、不安をなくすことで、安全に手術ができる状態を作ります。

さまざまな手術に応用できます

当院の無痛麻酔は人工妊娠中絶手術のみならず、帝王切開術・子宮筋腫摘出術などの開腹・全身麻酔下での手術に伴う痛みもコントロールできます。

手術後の痛みも非常に少なくなります(ブプレノルフィン鎮痛法)

人間は、刺激がある一定のレベル(閾値)を超えて初めて、痛みを『痛み』として感じるものです。通常手術をしますと、右図にあるBのラインのように痛みは 日々減退していきます。
手術当日が最も痛く、手術後3~5日目に痛みを感じなくなります。 これに対しブプレノルフィン鎮痛法とは下図にあるAのラインのように手術中に一度、鎮痛剤で痛みを「0」にします。そうすることで、痛みの信号をなくします。そうすると細胞レベルでは痛みはあっても『一定のレベル』 に達していないため、『感覚としての"痛み"を感じない』という現象が生じます。結果、手術後の痛みは 非常に少なくてすむのです。

ププレノルフィン鎮痛法