クラミジア感染症

『クラミジア・トラコマチス』という微生物の感染によって起こる病気で、ここ最近で若い世代に急増しているSTDです。性行為(SEX)によって膣から子宮に感染しますが、今はオーラルセックスによって感染し、喉の病気を引き起こす例も増えてきています。急増の原因としては、自覚症状が軽い為、知らないうちにパートナーも感染しているというケースが挙げられます。

主な症状

おりものがいつもと違う感じであったり、多量の水溶性のおりものがあれば病院に行きましょう。
自覚症状が少なく、気付かないこともあります。パートナーがクラミジア感染症と診断されたときは必ず婦人科を受診しましょう。

検査方法

子宮の入り口の細胞を軽く綿棒でこする検査です。
当院では喉の検査は行っておりません。

治療方法

    抗菌剤を1回4錠服用すると治ります。

その他の性病紹介はこちら